当サイトの運営方針

・教師を目指したいけど、こんな自分でもなれるんだろうか?
・教員免許状の取得って大変なんじゃ…
・教師の仕事って大変って聞くけど、大丈夫かな?
・教員採用試験に受かるにはどうすればいいんだろう

当サイト(教員採用試験合格への道)では、様々な情報発信を通じて、こうした悩みを持っているあなたが立派な学校の教員になるための支援を行うことを目的としています。

教師は未来の社会を作る大事な職業

ブラック企業、働き方改革などが社会の注目を集めている中で、教師の働き方にも世の中の関心が集まっています。教師という仕事が、「きつい仕事だ」「ブラックだ」という認識が広まりつつありますが、本当にそうでしょうか?

確かに、時代遅れとも言えそうな残業代の取り決めがあったり、授業だけでなく、保護者対応、登下校指導、部活動指導など多岐にわたる業務をこなさなければならない教師の仕事は、簡単な仕事ではありません。

しかし、どのような職に就くにしても、その職業それぞれの難しさがあるものです。また、学校現場でもチームとしての学校という考え方が導入されたり、部活動も外部指導員が促進されたり、状況は改善される方向に向かっていくと思います。

何より、子どもたちの成長に関われる教師という仕事は、他の仕事に比べてもやりがいを感じやすい仕事であると言えます。学校の教員を目指すためには、教育実習などの現場での実習を行わなければなりませんので、いろいろな情報に惑わされることなく、まずは自分の身体で直に教師の仕事を感じてみることが大事だと思います。

当サイトでは、教師という仕事の実態についても、管理人がこれまで支援してきた教師たちへの調査をもとに発信していきます。事例として参考にしていただければ幸いです。

あきらめなければ必ず道は開ける

教師を目指している人の多くは、教員採用試験での合格を目指すことになると思います。もちろん、採用試験に合格するにはそれなりの努力が必要です。しかし、正しい努力をすれば、必ず道は開けると思います。

また、昨今、全国的には採用試験の倍率は低下傾向です。今後、どのように推移するかは未知数ですが、チャンスは広がっているというのが現状です。

ただ、試験ですから、当然、受かる人もいれば落ちる人もいます。採用試験自体は何度もチャレンジすることはできますが、できることなら1回で受かりたいと思うのが本音だと思います。

当サイトでは、管理人がこれまでに支援し、そして見事に採用試験に合格してきた人たちの特徴から分析したことをもとに、あなたの教員採用試験合格をお手伝いするためのコンテンツを発信していきます。

タイトルとURLをコピーしました